BETWEEN A ROCK AND A HARD PLACE

邦題「奇跡の6日間」
アーロンラルストン著

スロトレさんのブログにて、図書館で借りてみた。
映画「127時間」の原作。
クライミング、雪山、スキーとバリバリの著者が、たまたま軽―い気持ちでキャニオリングしてて、事故ってしまった。しかも単独、友人知人にどこに行くが告げてない。
より困難な山や冒険をこなしてきた著者がなんでこんな日帰りレベルのお気楽コースでこんなコトに・・・。ありえないことではない。
動けない状態で、水や食料も尽き、夜の寒さをしのぎ、幻覚や岩と格闘して、生命のギリギリのところまできて、とうとう脱出する。
脱出した様子の部分は、相当にナマナマしいので、痛いのダメなひとは読まない方がいいと思う。

事故ってしまったこと、岩の直撃で死なずに動けなくなってしまったこと、脱出してからの偶然に人と出会い、救出されたこと。すべてが奇跡である。

原文のタイトルは
「BETWEEN A ROCK AND A HARD PLACE」
邦題よりもリズミカルでカッコいいやんかぁ、しかもどっかで聞いたコトあるような・・・と思っていたら、有名なRSの曲名だった。

関連記事
スポンサーサイト

鈴鹿案内・御在所本谷

6月26日(日)  曇り   ピッケル君、tohru、RIN

鈴鹿スカイライン(8:50)-登山口-本谷-不動滝(9:30)-大黒岩(10:50)-(11:03)山上公園(11:30)-中道-キレット-地蔵岩-負ばれ岩-登山口(12:55)
IMG_0643.jpg

続きを読む

関連記事

灼熱の釈迦ケ岳

6月25日(土)  曇り 時々 晴れ  単独

朝明駐車場(7:30)-中道登山口(7:40)-(8:15)(8:23)-鳴滝コバ(8:30)-釈迦ケ岳(9:25)-猫岳(9:47)-(10:30)ハト峰(10:40)-金山(11:10)―水晶岳(11:40)―(12:00)根の平(12:20)-登山口(12:40)-(13:05)駐車場
IMG_0616.jpg

続きを読む

関連記事

オリンピックの身代金

奥田英朗 著
昭和39年 東京オリンピック開催
自分の生まれた年の話で、その時の時代背景がよく描かれていて興味深かったのだが・・・。
「無理」もそうだったが、この作者は、話が進むにつれおもしろくなってくるが、ラストがいまいちで、途中はおもしろい岩場や花がいっぱい咲いていたが、山頂に着くと樹林帯だったりガスガスで景色が見えずガッカリな登山に似ているのだった。

「いつも君の味方」
同時に読んださだまさしのエッセイはとても良かった。

かつて映画を作ったときに28億円の大借金をして、どうしようもなくなったときに助けてくれた人がいる。もしも老人になるまで生き延びたら、さださんが「おじいちゃま」と呼んでいたその人のような暖かく、大きな膝を持つ男になろう。僕はきっと「すごいじじい」になってみせよう。それがおじいちゃまへの恩返しなのである。

人は、自分の人生の上で大切な人と出会っても、残念ながら出会った瞬間に気づくことはまれである。その人の重さに気づくのは、多くはその人を失ったときなのである。

人は来たり人は去る。

関連記事

第2回山登りベーシック塾

今回も気象の講座であった。
前回もそうであるが、いろんな道具を使っての工夫された授業で、準備していただいた講師に頭が下がる思いである。
簡単なHとLの気象図があり、各地の天気、風向、前線を入れるテスト。前回学んだのにあんまし覚えておらず、半分くらいしかできなかった。さらに復習せねば。
山中で低気圧がどの位置にあるか。自分と低気圧の位置関係でこれからの天気を知ることが出来る。
風は低気圧の中心に向かって反時計回りに吹いている。風に背を向けて立つと左手10時の方向に低気圧があることになる。但しヤマの地形によっては風向きが変わるので要注意。スキーヤーのB君は低気圧の北側にいる。気圧は東の方に移動していくので好天になってくる。スノーシューを履いたA君は低気圧の東側におり、前線が通過する為とっとと下山したほうがいいと分かってくる。
capt000_20110624221633.jpg
次回は地形図の読み方である。またわかってないことや忘れてることがいっぱいあるんだろうなぁ。
関連記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

RINさん

Author:RINさん
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
05 | 2011/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
RSSリンクの表示
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

QRコード
QRコード
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ