二本松から北尾根へ(入道岳)

1月27日(日) くもり のち 雪  単独
椿神社駐車場(9:55)-登山口(10:10)-二本松尾根-(10:22)③の看板(10:27)-小岐須乗越(10:50)-南の頭(11:40)-北の頭(11:50)-北尾根-(12:00)昼食(12:15)-(12:35)北尾根小屋(12:40)-大久保分岐(13:00)-登山口(13:20)―(13:27)駐車場
IMG_1142_20130128183036.jpg

続きを読む

関連記事
スポンサーサイト

予想はずれる

前夜、予報を見るとあまり良くないようだ。山行きはヤメにして、近所の酒の仕込みのお手伝いに行った。米洗いは水が冷たく、蔵の中は4℃。下界は風が強く寒い1日であった。
珍しく4時半起きで竜ヶ岳に出かけていった相方は、風もあまりなかったし、雪もなくラッセルなしだった、と言っていた。八甲田山の極寒訓練を覚悟して行ったものの、拍子抜けだったそうだ。歩く練習にはなったようである。この天気図だと大荒れを想定していたが、風が西向きで鈴鹿地方は大丈夫だったようだ。うーん、行けたかぁ。岳連の実習登山だったので残念である。ちくしょー。
large.jpg
相方によるとヤマはこんな感じでしたよ。
1_20130127165027.jpg
関連記事

大魔王

お正月に友人が持ってきて、即日にカラになってしまったが、空瓶にいつもの安っい焼酎を入れてみた。
なんか・・・おいしくなった気がする。
IMG_1125.jpg

関連記事

松浦武四郎記念館

DSC_0060.jpg
駅のポスターでアイヌアートの展示があるのを知り観に行くことにした。
相方を誘うと、ランチに久居のイタメシ屋tecci ant co.(なんて読むんだ?)を検索してきた。
行ってみるとそれはそれはオサレで店内の雑貨もセンス良く、デザート付きのパスタランチで1200円とお値打ちであった。
好みと言えば、ラーメン屋やガード下の一杯飲み屋なんかの方が食指が動くが、たまーーーにはこんなところもいいか、と思った。
DSC_0061.jpg
初めて行った記念館もなかなか良かった。こじんまりしたところであるが、入場料300円と安く、こんなんで維持管理していけるのだろうか。
展示品はアートなので北海道のみやげもんとは違って、コレなら欲しいなぁ、と思うものも多々あった。
全国の色んな場所の木材で造ったという、晩年に過ごした一畳敷の書斎のレプリカがあった。わずか一畳という空間はソロテントのように居心地良さそうであったが、壁や天井は写真を伸ばして張ってあるだけなので、本物を見てみたいと思った。
関連記事

喫茶・髭

昨晩、山岳連盟の新年会に行ってきた。
富田駅からマイクロバスが出るというので行ってみると、
運転手はI村さんだった。
店名もナゾであったが、場所は西のほうへ走ること20分。
昔からあるレストラン&喫茶店で洋食か?と思いきや、
2階の座敷にあがると、刺身、天ぷら、鍋の王道宴会料理であった。
最初の松花堂弁当風の入れ物に先附があるが、コレだけでじゅーぶんな量である。
ローストビーフ、エビ、煮しめ風のしいたけ、タケノコがおいしい。
左手前にナニが入っていたのかは忘れてしまった。
天ぷらも宝袋的ななにやらイロンナモノを入れて揚げた物が入っている。
さらに茶碗蒸し、ぶり大根にごはん、みそ汁にデザートの抹茶アイスまで出てきた。
ビールにOさん差し入れの立山もいただき、料理もほとんど平らげた。
フツーこんなごっつお食べると胸焼けするのだが、翌朝あんがいとスッキリしていて、
通常通り、シゴトに行くことが出来た。
また機会があったら行ってみたい店だった。
食べログで検索できたが、情報はあまりなかった。
チェーン店が横行する時代に生き残っている、貴重なお店のようである。
capt001_20130119090546.jpg

関連記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

RINさん

Author:RINさん
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
12 | 2013/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
RSSリンクの表示
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

QRコード
QRコード
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ