「人間の煩悩」

佐藤愛子のエッセイ集

ベストセラーのあの本は予約待ちだが、他の本もおもしろそうだ。

人間なんて大自然の前では実にちっぽけな存在なのである。昔の人はそれをよくよく知っていた。自然の中に神を感じ、海を見て己の卑小さを知り、山に向かって手を合わせ、自然の恵みに感謝した。それがいつの頃からか、人間は山も海も人を楽しませるレクリエーションの場所にしてしまった。高峰に登るのはいいが、それを「征服」というようになった。科学を生み出した自分たちの知恵能力を過信し、我がもの顔に自然を見下すようになったのだ。
「想定外」もヘッタクレもない。自然の力を想定して制するよりも、自分たちの限界を想定するべきだった。人間は人間の「分際」をわきまえるべきであった。今回の災害(東日本大震災)で私が学んだのはそのことである。
                                                        「かくて老兵は消えてゆく」

幸福になるためのソフト 中川昌蔵師による
「今日一日、親切にしようと想う」
「今日一日、明るく朗らかにしようと想う」
「今日一日、謙虚にしようと想う」
「今日一日、素直にしようと想う」
「今日一日、感謝しようと想う」
但し、この五箇条は実行してはダメです。意識して実行すると失敗します。
                                                         「老兵の進軍ラッパ」
関連記事
スポンサーサイト

中神琴渓

小田慶一 編

江戸時代の医者、中神琴渓の書いた生生堂雑記・生生堂医譚・生生堂養生論の訳本である。

佐藤愛子のエッセイを読んでいたら漢方の医者の話が出てきたのでその人の本を読んでみることに。なんと同じ市内の漢方医だったのだ。
さらに、その本の中で中神琴渓のことが書かれてあり、この本を読んでみることに。このように読書とはいろんな新しい知識を得ることができ、これもご縁の一つかな、と思うのであった。

「多くの場合、百人の病人のうち九十人は自然に治り、三人ほどは寿命で死亡し、残りの七人は薬を服用しなければ死に、助ければ生きられるだろう」

「ケガなどのショックから心の内に鬱を生じ、癲(てん)また狂、または癇などの症を発する。精神が充実している人は危ない目にあっても鬱を生じないものだ。その証拠に職人が高い所から落ちても鬱を生じることはないのだ。精神が充実していればめったに病気にならない。」

関連記事

藤原作業

6月24日(土)  晴れ  
(7:30)大貝戸(10:40)-(12:30)頂上小屋(14:30)-(15:45)大貝戸
T田さん、kさん、ハセマイ、Mさん、RIN ほか 多数
1_20170627213248b40.jpg

続きを読む

関連記事

東海総体支援(御在所周辺)

6月17日(土)
(4:00)朝明渓谷(4:30)=武平峠-御在所・朝陽台-裏道-国見岳-キノコ岩-ブナ清水-朝明渓谷
6月18日(日)
(4:00) 朝明渓谷(4:30)=旧料金所(5:00)-(5:30)長石谷右岸支流付近(8:00)-長石谷登山口=菰野町役場

続きを読む

関連記事

御在所Mルート

一般道ではありません!

6月11日(日)  晴れ 11名
クライマーが上でハイカーが下ということはない。三流のクライマーになるくらいなら一流のハイカー、トレッカーになれ。とある方が言った。それから腰にハーネス付けて色んなギアをぶら下げている人たちは皆すごい、という考えを捨て、自分の中ではテント縦走が至上だと思っていた。なのでクライミングを始めた人たちとは別行動をしていた。とはいってもクライミングをやってる人でスゴイ人はたくさんいるのだ。
tera1.jpg立岩にて

続きを読む

関連記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

RINさん

Author:RINさん
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
RSSリンクの表示
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

QRコード
QRコード
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ