東海総体支援(御在所周辺)

6月17日(土)
(4:00)朝明渓谷(4:30)=武平峠-御在所・朝陽台-裏道-国見岳-キノコ岩-ブナ清水-朝明渓谷
6月18日(日)
(4:00) 朝明渓谷(4:30)=旧料金所(5:00)-(5:30)長石谷右岸支流付近(8:00)-長石谷登山口=菰野町役場

先日の下見に続き、先週もひとりで長石谷に入り、登山道をチェックに出掛けた。段々滝まで行って下山したが、帰りにT山岳会の人々が道の整備に登ってきた。ご苦労様です。
選手スタートは湯の山温泉6:30なので日の出前の集合となる。集合場所の朝明に行くと選手のテント村ができていて、幕営生活も競技種目なのだ。4:00起床で撤収移動となるが速いパーティは15分でやっていた。すげー。こちらものんびりしていられない。当日渡しの資料をもらって、回送の車で登山口へ。
自分の任命箇所は山頂のチェックポイント(以下CP)なのでタイム計測や強制休憩やら忙しいのだ。早朝でロープウェイが動いていないので武平より現場に行くことになる。
朝はかなり冷えて雲海ができていた。登っていくと滝雲のできかけが見られた。
IMGP9396.jpg
気温が上がらず乾燥した日が続いているのでサラサドウダンもまだ見頃だ。
kiba3.jpg
任務は山頂付近のチェックポイント。とあるラインを決めて選手全員が通過したときの日本標準時間の秒まで計測する。時間の書いたカードを渡し、10分間から30分間に休憩して00秒よりスタート。計測開始。すべて記録する。当然選手の体調、様子なども気をつける。6人で13チームならなんとか対処できた。
水分補給はしっかりしてもらうためトイレ休憩を設けたが早朝のため近くのトイレ使えない!JKにはアゼリア前に行くかどうするかは個人の判断に任せ指示はしなかった。
全選手通過後、後方支援でコースの朝明に下る。トップとラストは2時間の時間差があった。全国になるとレベルが高くなるのかと思いきや、トンデモナイ県代表もいて、今回よりレベルの振れ幅が大きくなるらしい。
反省会の時間まで近場で昼御飯。菜食プレートがあってメインは車麩のフライだった。ビール飲みてー。
DSC_0064.jpg
反省会の様子。選手、監督はグリーンホテル。スタッフは朝明泊。同じ会の人が相方だけなので帰宅して明朝も出動だ。
IMGP9405.jpg

2日目、曇り空のなか長石谷に入る。この時点で雷注意報が発令されていた。
IMGP9406.jpg
今日の任務地。左岸からの支流、続いて右岸の支流に迷い込まないように監視する。ヒルはいなかったが、沢で待機していると寒い。TACの方が設置してくれた仮橋。
IMGP9407.jpg
この周辺で特小無線を使ったがすぐ上のFさんと交信できる。ないよりあったほうがマシ。アマ無線は犬星滝と交信できたが使える人が僅少である。アマ無線がないばかりに伝達の混乱を招いた。出発が1時間遅れ、雷注意報が出ていたので、鎌~武平ゴールを中止し犬星で引き返しとなる。結局わかったのは登ってきたスタッフの情報であった。この先の危険箇所白ハゲでのハゲ3人は幻となってしまった。
選手たちの大ザック。今回はサブザックの行動だったので速かった。
IMGP9408.jpg
時間に厳しい町長が来る前に隊長挨拶。町長もいい話されていた。入賞して泣いちゃう選手も。青春だなぁ。
これが、いきなし渡された資料。ガイドブックよりはるかにコマカクポイント指示がしてあった。
IMGP9410.jpg



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Re: No title

お名前がありませんが、関係者でしょうか。
運営側は大変だと思います。やはりマンパワーが必要です。

No title

リンさん、早朝からお疲れさまでした。
可愛い高校生諸君のために
またよろしくお願いします!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

RINさん

Author:RINさん
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
RSSリンクの表示
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

QRコード
QRコード
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ