FC2ブログ

「人間の煩悩」

佐藤愛子のエッセイ集

ベストセラーのあの本は予約待ちだが、他の本もおもしろそうだ。

人間なんて大自然の前では実にちっぽけな存在なのである。昔の人はそれをよくよく知っていた。自然の中に神を感じ、海を見て己の卑小さを知り、山に向かって手を合わせ、自然の恵みに感謝した。それがいつの頃からか、人間は山も海も人を楽しませるレクリエーションの場所にしてしまった。高峰に登るのはいいが、それを「征服」というようになった。科学を生み出した自分たちの知恵能力を過信し、我がもの顔に自然を見下すようになったのだ。
「想定外」もヘッタクレもない。自然の力を想定して制するよりも、自分たちの限界を想定するべきだった。人間は人間の「分際」をわきまえるべきであった。今回の災害(東日本大震災)で私が学んだのはそのことである。
                                                        「かくて老兵は消えてゆく」

幸福になるためのソフト 中川昌蔵師による
「今日一日、親切にしようと想う」
「今日一日、明るく朗らかにしようと想う」
「今日一日、謙虚にしようと想う」
「今日一日、素直にしようと想う」
「今日一日、感謝しようと想う」
但し、この五箇条は実行してはダメです。意識して実行すると失敗します。
                                                         「老兵の進軍ラッパ」
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

RINさん

Author:RINさん
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
RSSリンクの表示
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

QRコード
QRコード
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ