FC2ブログ

自然保護委員総会・白山

9月9日(土)  晴れ  単独
自宅(前21:00)=関ヶ原IC=(23:20)北鯖江SA(5:10)=小原集落=登山口-小原峠-分岐-赤兎山-避難小屋-赤兎山-小原峠-登山口=御前山荘
IMGP9911.jpg
9月10日(日)  晴れ  日本山岳協会45名
別当出合(8:00)-(8:57)中飯場(9:10)-(10:54)甚の助避難小屋(11:20)-南竜分岐(12:00)-延命水(12:48)-(12:55)黒ボコ岩(13:20)-(13:50)室堂(14:25)-(15:05)御前峰(15:25)-(16:00)室堂
9月11日(月)  くもり
室堂(4:50)-(5:20)御前峰-(6:00)室堂(7:25)-黒ボコ岩-(8:38)南竜分岐-(9:03)甚の助避難小屋-中飯場-(11:30)別当出合(12:00)=御前荘=(16:30)自宅
IMGP0010.jpg


委員長の代理で日本山岳協会自然保護委員総会に出席することになった。開催地は石川県。翌日はオプションで白山登山である。
初日は午後からなので、周辺のヤマに行くことにした。宿泊所は市ノ瀬登山口手前の御前荘。ここの日帰り温泉に入ったことがあるので場所はわかった。春に取立山に行ったので、赤兎山に行くことにする。
山頂近くまで林道が有り、ハイキングコースの山だが、昨年冬に林道を歩いて避難小屋を目指すが途中撤退した山なのだ。それだけでも登る価値のある山だと思った。

昨年の記事

北陸道のパーキングにて仮眠し、薄明るくなって登山口に移動。大野あたりはガスがすごく平地でも雲海状態。このあたりの気候の特色なのだろう。
ゲートが開くのは7時である。300円払って、舗装された林道を上っていく。2箇所砂利部分があるが問題ない。駐車場に着く少し手前にスペースが有り、ここで雪洞ビバークしたっけ、と思い出す。しかもメンバーからインフル伝染されたよなぁ。
自分が一番乗りなので当然誰も居ない。熊さん対策にラジオを鳴らしながら進んでいく。
小原峠まではコースタイム通りで愕然となる。自分の脚力はハイカー並か?ところが赤兎山頂までのコースタイムは半分となった。危険な岩場、鎖場は全くなく、どういうことだろう?自分の地図読みもまだまだである。時間的に、避難小屋往復は充分時間がある。行ってみると笹ヤブがひどくなり、ズボンがビタビタになる。小屋は結構キレイで、眺めも良く、泊まってみたい小屋だ。
山頂に戻ると登山者が何人かやってきた。その人達と少しお話しして下山する。天気がいいので大勢の人々と行き交った。休憩入れて3時間の行程だった。たしかに簡単な山だった。無雪期なら。
IMGP9918.jpg
駐車場から戻るとき、登ってくる車が右寄りにやってきたのでぶつかりそうになった。おばちゃんの運転であぶないところだった。ゲートまで5台の車と対向した。
会場までは1時間で着いた。
総会は各県30団体、参加者は66名、石川岳連・役員入れて38名。自分のようなボッチ参加がほとんどだが十人以上の県もいたりする。
開会式に続き、基調講演が1時間ほどあり、その後各団体の発表となる。いつも時間が超過するそうなので時間制限は3分だ。自分の番が回ってきてエトエトアノアノと2分ほどで発表した。
終了後はお風呂に入って、皆様お楽しみの懇親会である。ほぼ最近はあまりやらなくなった社員旅行のノリである。各県のお酒の持ち込みが大量にあった。ここでも各県なんかしゃべれ、ということになり、宴会の狂騒の中、テキトーに話した。まっ、誰も聴いてないし覚えてないだろう。
明日の行動はフィールドスタディとして日帰りの白山伝統的建造物群保存地区視察と白山登山1泊コースに分かれる。宴会後は早々に部屋に戻って就寝となる。
IMGP9942.jpg

<第2日目>
日帰り組はゆっくりだが、登山組は朝6時に朝食。マイクロバスで登山口の移動となる。
人数もスタッフ入れて45名と大所帯で2班に分かれたものの、大行列となり下山者に迷惑を掛けることになる。天気が良かったため入山者が多いのだ。市ノ瀬の駐車場はいっぱいであった。
白山方面は何度も来ているが、砂防新道コースは久しぶり。登山道は危険箇所はないといえば語弊があるが、ものすごくキレイに整備されている。
登山口の吊り橋を渡ると雪のような綿毛が舞っていた。ドロノキらしいが綺麗だった。綿毛が粉雪のようで写真に撮れないのが残念。
IMGP9950.jpg
IMGP0023.jpg
小屋泊なので咲き残っている夏の花を楽しみながら、のんびり登っていった。
IMGP9968.jpg
黒ボコ岩で昼食後、室堂まではあと少し。雲が多くなってきた。今日の予定はこれで終了だが、夕食までかなり時間があるので、希望者のみの池めぐりツアーに参加する。見ると女性が多かった。歩き始めるとガスが晴れはじめ、御前峰では池が見えた。人数が多いので池まで行っていると夕食ギリギリになりそうだ。自分的にはもう満足して、調子の悪い人と一緒に室堂に戻って、ベンチでプチ宴会。
IMGP0008.jpg

IMGP0011.jpg
生ビールは800円。開山1300年カップで記念に持ち帰ることになっている、と暗にゴミは各自持ち帰りということである。
夕食のあとも宴会部屋が設けられ、日山協の人々と交流を深めた。

<第3日目>
翌朝もご来光目当てで登ったが、予想通りガスの中。
小屋に戻り、朝食後のんびり4時間かけて11:30下山する。小屋でいただいたお弁当は登山口の別当出合で食べて、その場で閉会式となった。
宿泊所に戻り、お風呂を使わせてもらって帰途に着く。石川岳連の方にお世話になったので、今度は鈴鹿の山を案内することになった。





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

自然保護

自然保護活動を頑張っておられますね。山にも登れるし、私も定年後は自然保護のボランティア活動に参加しようかな。ドロノキは初めて知りました。ヤナギ科ヤマナラシ属で学名はPopulus suaveolens。ポプラの仲間ですね。マッチの軸に利用されるそうです。毎年秋になると職場の敷地に綿毛が舞うのですが、何かと思って調べたらポプラの木でした。ドロノキ、勉強になりました。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

RINさん

Author:RINさん
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
RSSリンクの表示
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

QRコード
QRコード
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ