FC2ブログ

大山登山のち

ゲストハウスに泊まるのは初めてだが、食事提供がないユースホステルやとほ宿のような感じだ。
↓の画像は入浴施設の豪円湯院です。豆腐屋もやっている。
IMGP0229.jpg
お風呂は歩いてすぐのところ豪円湯院があり、380円と安い。内湯は祠があり異様な雰囲気、露天は普通だが隣が工事中でトンテンカンテン騒々しかった。ま、汗が流せて、地ビールが飲めるので結果オーライだ。
IMGP0303.jpg
宿に戻り、片付けして食堂へ。チェックインの時、お弁当を用意してくれる食堂があるというのでお願いしておいて良かった。社長弁当のような感じで千円だった。
IMGP0308_201711181700165e0.jpg
食堂では松江からの常連男性登山ガイドとタイ人の女性、アメリカの男性2名、名古屋の男性と交流した。他にもお客さんがいて家族や年配の女性グループなど20数名の宿泊らしい。また3時から山に出掛けたグループもいて暗くなってからやってきた。六合目まで行ったそうだ。
色々と情報交換して、ほろ酔いで先に床についた。

翌朝未明、どしゃぶりの雨。昨日三鈷峰まで行っておいて良かった。さー今日はどうしようか。
山陰の観光といえば足立美術館だ。入場料は2300円と高価なので躊躇したが、宿や常連さんに「一生に一度は是非行くべき」と勧められ行ってみることに。
車で1時間ほど。全国でも知名度の低い地域で島根なんだか鳥取なんだか、島根は鳥取の左側だ。神様は島根で妖怪は鳥取。大山は鳥取で美術館は島根である。
何もないところに立派な美術館が建っている。入場料を払い順路を進んでいくと目の前に日本庭園があった。個人がやっている美術館で50人ほどの従業員が毎朝草取りと落ち葉を拾っているんだとかで、ものすごく綺麗である。サツキもまんまるく刈り込んである。庭園は歩けないが撮影はOKで、順路を進んで色んな方向から庭を眺めることができる。
IMGP0317_20171118170017a6d.jpg
手前の風景は敷地で中景、遠景は自然の森や山である。敷地の向こう側に車道があるがわからなくなっている。
IMGP0325.jpg
茶室も有り、竹なんか管理とか大変だろうなぁ。
IMGP0322.jpg
窓が額縁のようになっていて生きた絵画のようになっているのである。学芸員の説明があったりしてわかりやすかった。
IMGP0328.jpg
IMGP0337.jpg
日本画や院展はよくわからないものもあったが、これはいいなぁと思ってしまうものも何点かあり、すべて観るのに2時間を要した。外に出ると駐車場はいっぱいだった。
帰りの高速では蒜山SAのお菓子の試食はハンパなかった。チーズケーキからフィナンシェ、クッキー、なんかスゴイぞ。おみやげはカタチの可愛いどじょう掬い饅頭を購入して帰途に着く。
IMGP0349.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

RINさん

Author:RINさん
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
RSSリンクの表示
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

QRコード
QRコード
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ