三ツ口谷から初詣(鎌ケ岳)

1月13日(土)  快晴  tohru,RIN
駐車場(8:05)-三ツ口谷-大滝(10:20)-県境尾根(11:04)-(11:40)鎌ケ岳(12:20)-武平峠(13:14)-(14:30)駐車場
IMGP0669.jpg

藤原か竜でも行こうか考えていたら、相方は鎌というので一緒に行くことにした。
この時期、一番の最短ルートは三ツ口谷である。何年ぶりだか、めっちゃ久しぶりだ。
登山口で小屋の常連Iさんに会い、滝のところは荒れているとの情報を得た。この方も何人か連れてきていたので、我々の足跡をたどってきた。
今冬いちばんの冷え込みで登山口の階段は凍っていてフロランタンのようになっている。このあたりは雪が降らなかったのが幸いして、奥まで車で上がれたのはラッキーだった。
しばらく進み、堰堤から谷に入る。沢沿いなので、雪の下が氷だったりで緊張を強いられる。アイゼンは途中から付けたが、谷の入り口で付けた方が良かった。相方はギリまで付けないタイプである。
雪が付いて、こんな狭い谷だっけかなと思った。雪の付き具合でそのまま進むか渡渉するか、ルートファインディングの技術が要る。何人かでラッセルすれば後続はラクだが、ふたりだと先行している相方の歩幅が合わず、違う所を行った方が歩きやすい。
IMGP0659.jpg
滝の手前で右の沢から巻いて滝に下りる道があるが、えらく急斜面である。雪が無ければ問題ないだろうが、雪崩で滑落しそうな感じである。相方は平気で下り始めたが、ロープは持ってないし、生来のビビリが出て引き返すようお願いする。少し進んだら緩やかな斜面があったので、そこから簡単に沢に下りられた。
さらに進むと滝が現れたので左岸を登ったが、登りすぎてもう一つ北の尾根を進んでしまった。まぁ、現在地はわかっているし、西に進めば県境稜線に当たるので、どんどん進んでいった。
進んでいくと三ツ口谷ルートからかなり下のトラロープのところに出てしまった。今まで無かったトレスがしっかり付いていた。積雪は吹きだまりのあたりで1mくらい、雪はしまっていた。
山頂の祠は埋まっていた。ここに来て気づいたが初詣だったのだ。
IMGP0664.jpg
雪庇が風よけになって、ゆっくり昼食できた。下り始めるとIさん達が上がってきた。
下りは武平峠からスカイラインに沿った登山道を下る。途中のお宮さんもお詣りする。
冬限定の温泉チケットがあるので、場所によっては15時までのところがある。下山して10分前にKという旅館のお風呂に入りほっこりした。
IMGP0679.jpg

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

RINさん

Author:RINさん
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
RSSリンクの表示
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

QRコード
QRコード
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ