FC2ブログ

聖宝寺から木和田・藤原岳

1月28日(日)  くもり のち 雪
ランクル、W、Y、A、tohru,RIN(6名)
駐車場(7:30)-聖宝寺(8:00)-堰堤-8合目-(12:00)山頂小屋(12:35)-頭陀の頭-鉄塔-木和田尾根-(16:00)駐車場
IMGP0691.jpg

山岳会の例会山行でリーダーをすることになった。当初は県外の雪山を計画するが、参加希望者がWさん1名のみであった。天候や積雪の状況を見て週初めに急遽予定変更し、地元の藤原岳に行くことにする。集合場所も国道沿いの簡易パーキングとした。車2台でフモトの有料Pに。たまには地元にお金落とさなくては。そこから階段を使わず、車道のほうをテクテク歩いて聖宝寺へ。道は凍り付いていたが、融雪対策か道には水が流れていた。流れの中を歩いて行けば大丈夫。
登山口からは踏み跡があったが、猟師さんらしく、すぐに消えていた。早速スノーシュー及びわかんを付ける。相方のスノーシューが付けにくいらしく、何人かが先行することになった。無線機を持っているので問題ないが、やっと追いつくと待っていると寒いのですぐ出発となってしまう。8合目まではノートレスだったのでWさん、Aさんにもトップを替わって体験してもらうが、人間除雪機と化した山岳会最強の男ランクルさんがほとんどトップで歩いてもらうことになった。
8合目からはTV取材で高体連の方々がいて先行してもらったので、楽々小屋に着いた。我々同様うしろにはラッセル泥棒の人々がいて、先行したランクルさんが入ったときはガラガラだった小屋は、ラストのワタシが着くと、次々にやってきた。困ったことにアイゼンを付けたまま入ってくるヒトが多いので、取ってもらうようお願いするが、こっちが口やかましいババァみたいになってしまうので張り紙があればいいかな、と思った。中にはベテラン風のおじさんまで付けっぱなし、脱いだアイゼンやピッケルもまんま小屋に持ち込んだり、靴に装着するチェーンならいいのか、こっちも対応に困った。ネットで見ると、軽登山靴の人の足を踏んで大けがすると危ないから、などとあったが、なんか違う気がする。
小屋に着くまでは無風状態の登りで暑かったが、少し風が出てきた。時間を見て、周回可能と判断。出発する。リーダーの自分はラストなのでアイゼンを装着したが、思いの外、踏み抜きが多く、結局天狗岩分岐の手前でわかんに付け替えた。稜線は寒いので予告通りランクルさんはどんどん進んでいく。無線があるので言えば待っていてくれるのだが。風と共に雪も降ってきた。
稜線からの下りは新雪が深くモフモフ状態。途中からは御池に行った登山者の踏み跡が着いていた。大勢の人が登ったようだ。坂本分岐からしばらく行くとスキーでやってきた同じ会の3名と合流した。スキーの人々より先行して、集合場所の駐車場に着くころには湿った雪が本格的に降ってきた。
IMGP0696.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

RINさん

Author:RINさん
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
RSSリンクの表示
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

QRコード
QRコード
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ