FC2ブログ

第2回安全対策会議

4月28日(土)  快晴
10月の会議の時はえらい天気だったが、打って変わって今回はド快晴である。といっても初日は室内で会議なので、なんかモッタイナイ感じである。審査の先生方はコースの下見に入山する。
31530356_1253562758111437_8827335623636418560_n.jpg

高校総体



会議は医療支援にたずさわってくれる国際山岳医・三浦氏の講演。内容は専門的だが言いたいことは唯一つ
「熱中症は死ぬ!」
何で死んでしまうのか。脱水による臓器血流の低下で、大出血や大火傷と一緒なのである。一刻も早く水分1.5~2Lをプレロードしなければならない。
おしっこを我慢して水分を摂らず、熱中症で倒れる選手が後を立たない。出発前に絶対に水分を摂っておしっこをしなければならない。
8月の1000m級の鈴鹿の山で開催することも反対されている。万一、レスキューが出た場合は大会を中止するべきである。
と、かなり強い意見の講演であった。
他にも低体温症、頸椎固定の重要性、過呼吸の処置について、意識レベルなど、役に立つ話もあった。
1_20180514230449618.jpg
次に大会の説明、明日の行動予定など説明があり、会議は5時半までかかった。
夕食の時間は6時で入浴時間は30分しかなくダッシュで入る。
宿泊施設は研修所なのでビールなしで夕食を摂り、懇親会はその後からになる。
買出し班も少ないスタッフでやっているので、宴会まで少し待つ状態になるが、近県の先生方からは地元の良酒、肴などの差入れがあり堪能した。

4月29日(日)  快晴
自然の家(5:30)=湯の山RW山麓駅-馬の背登山口-CP2-隊合流-岳峠-鎌ケ岳-武平峠=自然の家

4時起床。 昨日の会議にてマイクロバスにて登山口に移動。各自持ち場が違うので自分がドコの配置なのか、理解しとかないといけない。
今日のコースはチーム行動なのでスタッフは各所に配置される。自分の担当は馬の背中腹のチェック場所である。ここでタイム計測したり、イロンなコトをするが、400人近い選手が通過する。どんな感じなのか想像が付かない。選手の後続に付く支援隊がやってきたら、合流して鎌方面へ。
このルートはシロヤシオが咲き始め、山頂付近はアカヤシオ、リンドウやイワカガミ、ヤマツツジ、ミツバツツジなど一番いい季節で天気も申し分なく、これが本チャンだったら良かったのに。
2_201805142304515de.jpg
岳峠で支給されたお弁当を食べて、鎌を越えて武平でゴール。GWなので多くの登山者と駐車場はいっぱいであった。
宿泊施設に戻ると、またも会議である。そこで明日の道整備の協力をお願いする。協力とは仲間が登山口に杭を用意しているので各自1,2本ずつ各ポイントに揚げてほしいのだ。
入浴後またもアルコールなしの夕食を取り、若干のタイムラグののち懇親会と相成った。

4月30日(月)  くもり
自然の家(5:30)=八風登山口(A隊:6:40、B隊6:45)-(7:05)休憩P(7:17)-福王分岐(7:59)-(8:04)お菊池(8:15)-三池(8:30)-(8:46)八風峠(8:54)-中峠(9:02)-(9:10)仙香池(9:23)-釈迦ケ岳(10:15)-(10:19)昼食(10:38)-P900(10:56)-(11:41)ハト峰(11:53)-林道分岐(12:18)-(12:40)朝明茶屋

大会初日テントを含めたメインザックで選手が歩くコース。ここは2日目とも班行動となり、スタッフが引率して歩く。班はランダムに決められチームの強弱まぜこぜとなる。4名×8チームで32名で一つの班となり、自分の担当は副班長なので班の前を歩くことになる。地元のヤマなので道間違いはないと思うが、選手相手にペース配分が難しい。
スタート地点からはかなり速いペースだったが、K田隊長からは速いとの指摘。どうやらおばちゃんでもついていけるペースで一安心。男子隊はもうちょい速いかも。ペースの上げ下げは審査員から指摘があるそうだが、初手からトバすことはないようだ。今日のコースタイムでいい感じのようだ。
さてミッションの杭運びは参加者の積極的な協力により、3箇所に分散して運び上げることが出来た。
5_20180514231613c6a.jpg
尾根に上がると山菜がいい感じであるが任務中なのでスルーである。
下界は暑そうだが、稜線は曇っていてかえって歩きやすかった。大会当日もカンカン照りでなければいいが。なんとか雨女パワーが出せればいいが、こればかりはお天道さん次第だ。
3_20180514230452208.jpg
釈迦までの稜線のシロヤシオも来週が見頃だろう。
ハト峰からの下り。ここだけはどうしても渋滞してしまうだろうが仕方ない。
朝明から宿泊施設に戻り、また会議である。

今年度インターハイ全国大会 実際の山岳競技は2018.8.4~6となる
予定:三池、釈迦ケ岳(8/4)御在所(8/5)鎌ケ岳(8/6)

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

RINさん

Author:RINさん
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
RSSリンクの表示
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

QRコード
QRコード
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ